OUTLINE

切り絵や使う道具や資材から垣間見える職人の世界を通して『手を使い想像し創造することの喜びが、豊かな感性と想像力を磨く』場とコミュニケーションづくりを目指しています。

◎感性と感覚を磨く
使用する図案は自然や季節を意識したものを中心にオリジナルのもので展開しています。また、ワークショップ内容も、ただ切り絵を楽しんで終わりというものではなく、『誰かに贈りたくなる』『日常に使いたくなる』というようにその後も想像力を膨らませて工夫して楽しんでいただけるものを企画しています。

◎集中力を高める
普段日常生活のなかで思い切り夢中になったり、何かに没頭するということが少なくなっていませんか?
切り絵に向かうこの2時間を集中の時間として習慣にすることで徐々に集中する力がついてきます。

◎脳のストレッチとメディテーション
Kirigraphy Tokyoのワークショップは基本2時間で構成されています。
ワークショップで切り絵をするということは他の作業と異なり、線の上を間違えないよう切り落とさないように慎重に作業するのと同時に怪我をしないように切り進めること、そして一緒にワークをしている人たちとの調和ということもあり、普段以上に一点に集中することになります。

この緊張の間に何度か休憩をとることで、脳と身体を緩めたりグッと集中したりを繰り返し、最後は切り上がった作品の達成感とともにメディテーション後のような感覚や運動後の心地よい疲労感を感じることができます。

◎コミュニティの可能性
Kirigraphy Tokyoは切り絵から広がる豊かな感性と想像力を磨く場づくりを目指しています。一期一会を大切にしながら、切り絵をキーワードに集まった人たちの感性が高まり波紋のように広がっていった先で世界はもっと彩りを増して豊かになっていくと信じています。

たとえば、今後予定している企画では『切り絵×◯◯』と、各界のプロフェッショナルたちとのコラボレーションでコミュニケーションの生まれる新しい切り絵のかたちを提案していきます。

一緒にKirigraphy Tokyoを盛り上げるメンバーを随時募集中です。気になる方はコンタクトページより気軽にお問い合わせください。お待ちしております!

Share on FacebookTweet about this on Twitter